古着の着こなし方

リーバイス513とは?特徴やコーディネート、おすすめ商品を紹介

リーバイス513とは?513の特徴とおすすめ商品を徹底解説

こんにちは、More want vintageです。
今回はリーバイス513について紹介していきます!
リーバイスが好きな方やリーバイス513の型番について詳しく知りたい方は是非参考にしてくださいね。

まずリーバイスとは

まずリーバイスとは

リーバイスのジーンズは、1873年に”鉱夫が使いやすいパンツ”を販売するために作成したのが最初と言われています。
サンフランシスコにドイツからの移民として訪れたリーバイ・ストラウスは、前身となる雑貨商を開業し、キャンバス地を使ったワークパンツを考案。
そこから改善を図り、生地はデニムに変わり、耐久性のあるパンツの製作に試行錯誤を重ねました。
後に特許を取得し、あわせて『デニムジーンズ』は生まれ、1890年のロットナンバー採用により「リーバイス501」が正式に誕生しました。
リーバイス501の詳しい特徴については下記記事でも紹介しています。

そこから、労働者のための服として1900年初頭までジーンズは普及し、現代ではお洒落なファッションアイテムとして愛用されるようになりました。

リーバイス513の特徴

リーバイス513の特徴

そんなリーバイスの中でもリーバイス513の型番は、ストレートでゆるく見えるスタイルが特徴的です。
ヒップから裾周りにかけてストレートなシルエットになっているので、筋肉質なアスリート体型の方にもフィットしやすいですね。
股上は浅すぎず深すぎないミドルライズで、お尻周りもすっきりとした見え方になります。
そのため、511のスリムテーパードでは細すぎたり、501や505ストレートよりも多少すっきりとしたシルエットのジーンズが欲しかったりする方におすすめです。

おすすめリーバイス513の商品

リーバイス513のデニムジーンズが欲しいなら是非こちらをどうぞ!
古着リーバイス513はこちらで手に入れることができます。

メンズ リーバイスのジーンズです。
シルエットは標準的な股上に、腰から太ももにかけてスリムなストレートタイプ。
高級感のあるレザーパッチをはじめ、アーキュエットステッチやレッドタブ、リアルな加工感など、細部へのこだわりを感じるLEVI’Sならではの仕上がり。
タイトすぎずスリムに見せる、幅広いスタイルに合わせやすい万能の1本です。

リーバイス513のおすすめコーディネート

リーバイス513のおすすめコーディネート

リーバイス513のお洒落なコーデ・着こなし方もチェックしましょう!
今回はリーバイス513のコーディネートをインスタグラムから紹介します!

リーバイス513のコーディネートとしては、ぴったりでスッキリ履かれる方もいれば少しダボダボでリーバイス513と分かりやすくゆったり着てる方もいらっしゃいますね。
是非リーバイス513を着こなす際にはこちらを参考にしてみてください。

リーバイス513まとめ

リーバイス513まとめ

今回はリーバイス513について紹介しました。
リーバイス513は511よりゆとりがあるストレートタイプで、タイト過ぎない着用感と511よりスリムに見えるスタイルが特徴です。
ぴったりのサイズ感にすれば脚周りをスッキリ見せれるので、サイズ感で自分の見せたいシルエットを変えることができます。
この機会に是非リーバイス513をゲットして古着ファッションを楽しんでみてください!

関連記事一覧