古着について

古着とは?その意味や魅力をご紹介!

こんにちは!More want vintageです。
More want vintageはヴィンテージ・古着を扱っているオンラインショップです。
でも中には「ヴィンテージって何だろう?」「古着とは?」と思っている人もいるのではないでしょうか。
今回の記事では、そんなヴィンテージや古着についてご紹介!
古着の意味をきちんと知って、おしゃれ上級者を目指しましょう!

まず古着とは?

ファッションでよく使われる「古着」という言葉ですが、実はその意味には次の2つがあります。

  1. ユーズド(used)もの
  2. 昔の時代のもの

1つ目の意味の古着は、いわゆる古着というもので1度誰かが使ったもの、新品でないものを指します。
2つ目の意味の古着は、年代物と言われるもので、数十年前に着られていた服全般のことを指します。
よく「ヴィンテージ」とも言われるのが、2つ目の意味の古着になりますね。
ヴィンテージの多くが、販売店の買い手(バイヤー)が、アメリカ・ヨーロッパなどで直接買いに行き、輸入します。
都内では

  • 下北沢
  • 原宿
  • 中目黒
  • 吉祥寺

あたりにヴィンテージものを扱っているお店が多いですね。

古着の魅力とは?

古着の意味を知って改めて「古着って何がいいんだろう?」と思った人もいるのではないでしょうか?
古着には、新品の洋服とは違った魅力が詰まっています!
その魅力が次の3つになります。

  1. 一点ものばかり
  2. こなれた雰囲気を出せる
  3. 価格が安い

今回はそれぞれを1つずつ深掘りしていこうと思います!

1.一点ものばかり

古着は、市場に出回っていない一点ものが多いという特徴があります。
「自分だけしか着ていない」というのは、ちょっとした優越感やおしゃれセンスがアップしたように感じますよね。
最近ではファストファッションの流行から、他の人と似たような服を着ている人も多いです。
それゆえに「私だけの服」を演出できる古着は、魅力ある服だと言えますね。

2.こなれた雰囲気を出せる

古着を着こなしている人ってカッコいい、そんな風に思う方も多いかと思います。
古着は、こなれた雰囲気を演出できるのも魅力の1つですね。
経年劣化・古い時代感・独特の風合い、これらも含めて古着の良さが垣間見えます。
古着をファッションに取り入れている人は、お洒落に気を遣っていることも伝わりますよね。

3.価格が安い

新品だとお高い商品でも、古着になると価格が安くなるのも魅力の1つです。
ファッションは、お金をかければいいというわけではありません。
お洒落かつ安く仕上がるに越したことはないでしょう。
古着は、前述したようにこなれ感を出してくれたり、一点ものが多いといった魅力が詰まっています!
その上に、安く購入できるのは嬉しいですよね◎
ただし、ヴィンテージものは一概に安いとは言えません!
ヴィンテージは、古着の中でも特に上質で価値のある商品ですので、それゆえに高額になっているケースもあります。

More want vintageで古着を要チェック

今回は古着とは何かについてご紹介していきました。

  1. ユーズド(used)もの
  2. 昔の時代のもの

古着には、この2つの意味があります。
新品の服とは異なった魅力のあるアイテムですので、是非この機会に古着にチャレンジしてみてはいかがですか?

More want vintageは、

  • 店舗に足を運ばずに古着を購入することができる
  • 掘り出し物もすぐに購入することができる
  • 人の目や店員さんの目を気にせずじっくり迷うことができる
  • クレジットカード、銀行振込に対応

そんな古着屋オンラインショップです!

More want vintageの会員登録をして頂きますと、購入の1%がポイントとなって貯まります。
ポイントは通常の商品金額にももちろんご利用頂けますし、送料などにも使用することが可能です!
お店の詳しい情報はこちらをチェックしてみてください!

関連記事一覧